トップページ → 1食だけなくす!低炭水化物ダイエットの方法と効果

1食だけなくす!低炭水化物ダイエットの方法と効果

毎年、多くのダイエット法がテレビや雑誌などで話題になります。一時的に流行しても次第に話を聞かなくなり、効果を確認されたダイエットはすくないと思います。しかし、少数のダイエット法は、効果が科学的に明らかにされています。

 

肥満には様々な原因があります。その原因の中でも特に多いのが、「脂肪分過多」と「糖分過多」でしょう。どちらもカロリーの接種量が多くなり、肥満へとつながっていきます。そして、炭水化物を摂りすぎても同じ事がいえます。

 

最終的に、炭水化物は糖分として体内に吸収されます。ですから炭水化物過多は、肥満の原因のひとつになります。日本では「主食」のほとんどが、炭水化物になります。米・パン・麺類などがそうです。特に日本人は米好きなので、炭水化物の摂取量が多いといわれています。いくつかの方法が、低炭水化物ダイエットにはあります。

 

その一つには、炭水化物の接種量の制限ではなく、摂取する回数を減らすという特徴があります。1日3回の食事のうち、1食だけ炭水化物を抜いたメニューにします。手軽で挫折しづらいこともあり、人気がでました。

 

また、1食だけ淡水化物を抜けば、あとは好きな物が食べられるというのも人気の出たところです。世界的に有名なのは、アトキンス博士によって考え出された低炭水化物ダイエットでしょう。アトキンスダイエットでは、炭水化物の摂取の管理を徹底します。

 

炭水化物を厳しく制限する誘導期間→炭水化物の量を少しだけ増やす減量期間→目標体重に近い体重で安定させる前体重維持期間→体重が増えない程度の炭水化物を食べその量を維持する体重維持期間。というように、段階を踏んでダイエットを行います。